黒ずみの原因はメラニン色素 - 人にはいえない乳首の黒ずみを解決

黒ずみの原因はメラニン色素
人にはいえない乳首の黒ずみを解決 > 黒ずみの原因はメラニン色素

黒ずみの原因はメラニン色素

乳首の黒ずみは、メラニン色素が引き起こしています。
メラニン色素と聞くと顔のシミや黒ずみの原因としてお馴染みですが、乳首の黒ずみとなるとあまり結びつかないかと思います。

そもそもメラニン色素とは、人間だけでなくどの動物にもある色素のことを言います。
肌の奥底にあるメラノサイトの中で作り出され、作り出されたメラニン色素の量により皮膚や毛髪の色が決まります。
つまり顔に出来たシミだけではなく、体中のすべてに大きく関係しており、当然乳首の色も例外ではありません。
こんなに悩まされているメラニン色素が無ければと心から願うばかりですが、もし存在していなければ困ったことになってしまいます。

例えば真夏の暑い日に外出しても、気温が35度以上あるにも関わらず皮膚が赤くただれて大やけどを負うことは無いでしょう。
鍛冶職人となると50度近くある仕事場で作業をすることになりますが、汗を大量にかくだけで体が燃え上がってしまうことはありません。
何故ならば体に何らかのダメージが加わってしまうと、メラニン色素が作られ肌を守ってくれているからです。
つまり炎天下にいても皮膚が赤くただれないのは、メラニン色素のお陰と言えるでしょう。

しかし幾ら体を守ってくれるとは言え、黒くなってほしくない所に黒ずみが出来るのはあまり良い気分はしません。
乳首は滅多に人に見せる部分ではありませんが、気になるものは気になるものです。
でもメラニン色素は生まれつき誰でも備わっており生きていく上で絶対に欠かせないものになるので、完全に無くすことは出来ません。
ただメラニン色素をコントロールして、ある程度黒ずみを薄くすることは可能です。